No.41 N市 ベイシス様

777555
今回は、名古屋市中村区のトータルオーディオショップ「ベイシス」さんのご紹介です。人間の五感を存分に楽しませてくれ、音楽や映像をちょっと遊び心を入れつつご提案してくれる、音響専門店です。ホームシアターはもちろん、カーオーディオ・カーセキュリティのご提案から施工、アフターフォローまで含めてトータルプロデュースしています。そして常に上質を求めるお客様の予想を上まわる、心地良い空間と最高の映像・音響体験をお届けしています。何度かお仕事も一緒にさせて頂いており、CONNECTのショールームにもホームシアターを展示させてもらってます。体の芯に響く音響は、思わず耳を奪われ、時間が経つのを忘れ吸い込まれるような映像には、何とも言えない魅力を感じます。何なんでしょう、この感覚。(笑)是非ご興味ある方はベイシスさんにご相談下さいね。http://www.basis-jp.net/


No.40 N市 IG様

IMG_6925LDK4-853x768
こちらはマンションリノベーションを主体とする、アイジーコンサルティングフルハウス様の、納品事例です。IG様とは、もう4年のお付き合いでしょうか。お客様のご紹介からレンタル家具の納品など、色々とご縁を頂いております。 IG様は「合理的で上質な住まい」を「中古・リノベ」で実現することをモットーに、「住みたい場所に理想の住まい」をご提案してくれます。未来への理想と目標が明確にされているので、安心して身を任せることができ、私たちも自信持ってご紹介できる住宅メーカーさんの一つです。きっと皆様には斬新で、新しい理想の世界を見せてくれると思います。もちろん親身に相談にものってくれますが、とにかくこちらのリノベ物件は大人気。見学会を開くと即完売が多々ありますので、考えるよりも先ずは足を運んでみて下さい。お悩みの解決・答えが見つかります。店舗は異なりますが、ご新築の拘りある注文住宅もどんどんと受注しております。またご相談下さいませ。    


No.39 K市 K様

14
今から1年以上前に、「近々には家を建て替えるので、家具の相談に乗って欲しい」と、遠方からご来店頂きました。私が新居にお邪魔して、プランを立てたのが今年の2月でしたね。「今使ってるテーブルやソファなどを全て変えたい」と、K様の強いご希望。私も悩みましたが、思い切って3パターンのプランを出し、K様が「どう過ごしていきたいか」を、じっくりとお伺いし進めていきました。決まったのが、ウォールナットの一枚板と椅子を4脚、別注のサイドボード、1人掛けのソファ2本にサイドテーブル。また広いリビングでしたので、家具で圧迫感を与えたくないとの思いと、ヘリンボーンの床やドアの建具、また天井の大きな梁とのバランスもとりたく、重厚かつシンプルにと家具を構成し、お色はウォールナットで統一しました。K様の「任せるから、いい風にして」とのお言葉を頂いてましたので、納品までちょとドキドキでしたが、「これでみんなにお披露目できるなー。いい感じになったし思いっきり自慢してやろう!」と、しっかりと喜んで頂きました。最後に、「この一枚板で、これから夫婦仲良くゆったりと過ごせるなぁ。ありがとう。待ってる間も想像しながら楽しかったよ。」と。受注生産で納品まで4ヶ月、根気よくお待ち頂き、本当にありがとうございました。


No.38 N市 M様

コダマコダマ2
今回は、愛知郡東郷町にある、(株)未来工房さんに以前ご提案した家具のご紹介です。 こちらの家づくりは、どんな間取りや形にしたいかより、「どんなスタイルで過ごしたいか」をコンセプトに提案してくれます。とても頼もしい会社です。そして「自然素材」にも拘っており、床は無垢材を使用しますので、夏は涼しくべとつかず冬は暖かい。また天然の紙を素材とした塗装下地壁紙のルナファーザを使用することで、通気性やカビや結露も抑えてます。後々のリフォーム時にも上から重ねて塗ることもできるので、嬉しいですね。壁には珪藻土も使用されていますので、吸放湿性も高いのが特徴です。弊社のHPを見てお声を頂き、「コンセプトに合うので、是非にも家具をお願いしたい。」と。設置後もとても喜んで頂きました。CONNECTのオリジナルの家具がイメージにも合い、お店に置いてあるよりも映えましたね。(笑)ありがとうございました。


No.37 N市 N様

IMG_4412IMG_4998
こちらは住宅メーカーのウッドフレンズ様の
ご注文での、コネクトオリジナルのオーダーテーブル、
見学会での家具の納品事例です。
2000×900のウォールナット・カスタム天板、
W2400のウォールナットのローボードと
桂の一枚板。(オスモで色付けしました)
テーブルはキッチンのイメージに合わせてモダンに。
オープンハウスの場合はあくまでも
家具は脇役ですので、お部屋のイメージを損ねない
出しゃばらないデザインとのご希望。
ただモノの質や高級感は出して欲しいと。
難しいこといいますね。(笑)
結果、ご満足して頂けたのでよかったです。
ダイニングテーブルは、今はリビングの主役となります。
お色目やサイズ・デザイン、ご心配な方はご遠慮なく
私たちにご相談して下さい。
必ずご満足頂けると思います。


No.36 N市 M様

S19S17
三好の「あうる建築工房様」からのご紹介で
CONNECTにご来店頂きましたM様。
テーブルは一枚板のような重厚な感じだと
ちょっと重くなるので、シンプルでナチュラルな感じが
いいとのご希望でした。
また窓に沿って続くリビングは広さも感じるので、
「開放的なイメージ」との拘りもありました。
確かに、キッチンからはお庭も見れて素敵ですもんね。
「部屋に溶け込んだ感じになって、
違和感なくイメージ以上で嬉しいです!」とM様。
床材は針葉樹のスギ材、テーブルは広葉樹の
ブラックチェリーが見事に調和され、
お椅子の生地色も上手に選ばれました。
結構悩まれていましたお椅子でしたが、
「丸みのある優しいデザインのものがいい」
可愛いいだけでなく、座り心地にも拘りましたね。
お友達をお家に呼びたくなるし、行きたくなる。
そんな心地いい、温かいリビングになりました。


No.35 N市 U様

IMG_5090IMG_5092
U様が初めてご来店頂いたのが、今から8年前。
ご夫婦ともに、一枚板や天然の木が大好きで、
お店もとても気に入って頂きました。
先日久しぶりにお見えになったのは、お家の建て替えが
決まったので、これを機にテーブルも新しくしたいと
下見にとご来店下さいました。
今回の天板は、CONNECTブランドの「Re-Wood」。
以前使われてた一枚板を、職人さんが一つ一つ丁寧に
手作業で仕上げ直したビンテージの一枚板です。
価値が高い割にはお値段もお手頃価格に、U様も驚き。
「高級感も十分だし、迫力もあって嬉しい!」
納品当日も、「想像以上に、すごくいいです!!」と
とても喜んで頂き、本当に嬉しかったです。
来客もボチボチ多く、二枚並べて使いたいとの
U様のご意向もあったので、別注の兼用脚で製作。
テーブルはタモ、ソファーの前は栃の変形一枚板です。
お部屋のイメージにもしっかりと馴染みました。
大切にお使い下さいね。


No.34 N市 M様

IMG_43615226
実はこちら、CONNECTのモデルハウスとなる、
「コダマハウス」の納品事例での写真です。
テーブルとソファは岐阜県のメーカー・杉山製作所さんのご協力で、鉄フレームを主としたダイニングセットと
革ソファを導入しました。
テーブルの天板は床材に合わせて、桧材にしました。
因みに、椅子やソファは家具デザイナーの
村澤一晃さんのデザインなんですが、「座り心地」
最高です。

「コダマハウス」の初回の見学会は、
5/12(土)AM11:00~の開催予定です。
部屋の中全体に広がる森の香り、
暖かい薪ストーブの火のあかり、
高い吹抜けの天井を見上げ、気持ちが安らぎます。
リビングには東白川村で選んだ大きな杉の木の
大黒柱があり、この柱を見た時、嬉しさのあまり思わず
抱きついてしまいました。
とてもとても見ごたえある家ですので、
気になる方は、是非一度ご相談してみて下さい。


No.33 N市 M様

1IMG_4446
屋久杉の一枚板テーブルとペルシャ絨毯。
ご近所のお得意様ですが、いつもこちらにお任せで
ご依頼されてきます。
納品時は、いつも緊張感いっぱいです。
勿論、事前にテーブルや絨毯は何枚かお持ちしながら
選別して頂きますが、この瞬間こそ、尚一層の緊張感ある空気が流れます。
Ⅿ様はあまり言葉を発せず、「気に入った」「気に入らない」のお言葉だけです。
もちろん後から理由もお答えいただきますが。(笑)
今回の納品事例はのペルシャの絨毯に屋久杉の一枚板の組み合わせは、なかなか見れるものではありません。
華やかさと品の良さの仕上がりに、とても満足して
頂きました。
ローテーブルでお使い頂くことによって、この異世界の
二つのモノが融合され、お部屋に溶け込んだ感が
何ともステキですね。
因みに下のお写真にチラッと左側に見える一枚板、
「一枚板のテーブルも気にいったので、床の間の
違い棚も屋久杉で作ってくれ」
とのご依頼で作らせて頂いた、貴重な一点モノです。


No.32 N市 I様

IMG_5832IMG_5833
家具が欲しい時はいつも足を運んでくれるI様。
以前はTVボードで、今回はダイニングテーブルを
ご検討頂き、ご購入して下さいました。
「やっぱり木の材料はブラックチェリーで揃えたい。
見た目も高級感もあるし、キメも細かいから触っていても
気持ちがいいですね!子供たちも気に入ってますよ。」
と、嬉しそうに話して頂きました。
「玄関から入ってすぐにダイニングが目に飛び込むから、
厚みも45㎜の方が迫力あって心惹かれますよね!」と。
確かにインパクトもあってカッコいい。
「なるべくリビングを広く見せながら、ゆったりと
テーブルで過ごしたい」とのご要望もあったので、
テーブルの脚は、動きのとり易いT字タイプにしました。
広さがあると、ストレスを感じませんので安心です。
宮崎椅子のhataチェアも大満足して頂きましたね。
またご家族皆さんの笑顔を頂き、ホント感謝です!


NO.31 N市 H様

IMG_3382IMG_3381
こちらは今までご実家で幼少時から使っていた、
天板の厚み120㎜もあったモンキーポット2枚ハギ、
見事にリメイクされました。
HPを見て、ある日息子さんご夫婦がお見えになり
「今度、新築で家を建てるんですが、どうしても
小さい頃から使っていたこのテーブルを、何とかして
使いたいんです。両親にお願いいして受け継いだ
想い入れのある、大切なテーブルなんです。」と。
「ただ、このままだとゴツすぎるので、もう少し
スッキリシャープにしたい!」とのご相談も受け、
天板も削り直し、細目のスチール脚に付け替えました。
さすがに120㎜の天厚に極太の板脚、二枚を繋いでいる
特殊なボルトは裏面でしっかり固定してあり、
搬出時は配送スタッフ、とても苦労してました。
おまけに4階のエレベーター無しでしたので。(笑)
出来上がりに少しお時間は頂きましたが、
「カッコよすぎる!」とH様も大変喜んで頂きました。
モンキー独特の風合いと色艶がきれいに浮き出て、
驚きの変貌ぶりに、誰もが驚愕でした。
親から子へと繋いだテーブル、
また新たな想い出が刻み込まれますね。
大切にお使い下さい。


No.30 N市 A様

hp1hp2
ご新築完成の、半年以上前からご来店頂きましたA様。
この湾曲した栃の一枚板に一目惹かれ、
「この一枚板をメインイメージでリビングを作りたい!」
となり、急遽、設計士さんに相談し
何度もお店に来られシュミレーションしていきました。
カウンターから螺旋階段まで伸びた栃の一枚板は、
ホント見事な迫力でした。
栃杢もキラキラと輝きを放ち、「想像以上にステキで、
この出会いがあって良かったです!この日がすごく
待ち遠しかった。」と最高の笑顔を頂きました。
猫ちゃんも興味津々で、テーブルの上をそーっと
歩いていく姿がまた可愛く、A様の喜びも更に倍!
こういった湾曲した板、又は穴あき・変形の1枚板は、
頑張って探しますが本当に数が少ないんです。
ですので一枚板の出会いは、お客様や私たちにも
本当に貴重で、想い・価値深いものがあります。
「大切な家族や友達と過ごす時間が、もっともっと
大切に感じるだろうなって、そう感じる一枚板ですね。」
最後にそう話してくれたA様、ありがとうございました。


No.29 S市 K様

hphp1
コネクトオリジナルのソファ&テーブル・VITA。
こちらのVITAは簡単に移動ができるので、それぞれの
用途に合わせて使い分けれる機能的なソファです。
幅も1800㎜と見た目の割にはコンパクトサイズ。
家にいる時はリビングで過ごす時間も多く、
「この場所が一番落ち着くね」とK様。
「食事や仕事、寛いでテレビを見たり、またちょっと
お酒を楽しんだりと、この場所で夫婦でゆったりと
過ごせる空間にしたいと思い、このソファにしたんです。」

愛犬家のK様ご夫妻は、ここでワンちゃんが
庭で走り回る姿を見る時間も大好き。
ワンちゃんも嬉しそうにはしゃぎ、気に入ったご様子。(笑)

「何をしてても誰かが傍にいるのは安心ですね。
これにして今以上にこの場所が好きになりましたよ。」と
嬉しそうに話してくれました。
また色々お話し聞かせて下さいね。


No.28 N市 M様

一枚一枚2

ご夫婦が一目ぼれした、川が流れてる様のうねった栓の一枚板。

なかなか手に入らない貴重な一枚板で、何年かぶりに入荷した一点モノです。

二度目のご来店の際に決めて頂きましたが、今は賃貸のマンションなのでちょっと部屋が狭くなるかも、、、長さを切るか切らないかとM様、ずいぶん悩みましたよね。

今のお住まいを聞いてみたら、なんと同じ区内のご近所様ということもあり、

「一度、部屋に置いてみて考えましょうか!」と一言アドバイス。その言葉にとても喜んで下り、実際に仮置きしてみたらメチャクチャいい感じの雰囲気!「おぉー!!」と思わず声が出たくらい、みんなが感動しましたね。サイズも問題なく安心しました。

納品後に頂いたお二人からの手紙。

「将来は、この一枚板が似合う一戸建てを建てたい!このテーブルに出会った瞬間の気持ち、スタッフ皆さんの心遣い、いま心にある僕たちの気持ちは、ずっと忘れない想い出となります。ありがとうございました。」



NO.27 T市 O様

2-13-1

こちらは弊社のオリジナルのコダマソファ。

「ちょうどこの形を探していて、HPを見てビックリですよ!慌てて見に来ました。」と笑顔で話してくれたO様は、わざわざ東京から来てくださいました。

「イメージ通りで、来て良かったです!」と言って下さり、私もホッとしました。もう一つ見たかったTVボードの展示がなく申し訳なく思っていたら、「僕がデザインしますので、作ってもらっていいですか?」とO様。その後メールでやり取りしながら製作に取り掛かりました。お仕事柄、3D画像も難なく書ける方、メールでしたがO様のイメージする形がよく伝わり私も助かりました。お互いに失敗は許されないと(笑)じっくり確認し進めてきた分、納品までが楽しみでしたし問題なく収まるか?のドキドキもありました。ソファのデザインに合わせた低めのTVボードも、弊社の定番にしたいくらいシンプルで無駄がなくいい。また濃いウェンジ色にしたことによってモダンな新しいイメージに生まれ変わりました。

「写真で見た感じより、実際に置いた実物の方が全然よかったです!」とお言葉頂き、感謝です。名古屋にお越しの際は、是非遊びに来てくださいね!

 

 



NO.26 N市 O様

テーブル1テーブル

「一枚板を探してるんです。どんなものがいいかと、まだ見始めたばかりです。」と奥様とお二人で最初に見え、じっくりと店内をご覧頂きました。

二回目にご来店の際に、O様の心に焼きついたのが「クラロ・ウォールナット」。正直、私たちも初めて出会った一枚板です。こちらは北米産のブラックウォールナットとヨーロッパ産のイングリッシュウォールナットを接ぎ木し生まれた、ハイブリット種なんです。なので通常のウォールナットとは違い、独特の風合いと色調・風格をも見せ付ける幻の一点ものです。この歪んだ板をどう見せるか、、、長い時間ご検討もして下さいました。他店も含め、たくさんの一枚板を見てこられた中、O様はこの板との出会いから3回目に、ご購入をご決断。

O様ご夫妻はお洋服の着こなしも上手な方で、モノや素材の見せ方・惹きだし方の感性が群を抜いています。空間作りがお好きなこともあり、見事にこの板の特性を生かしアレンジしてくれました。異次元の世界に引き込まれた感覚で、板の魅力も十分に伝わるのではないでしょうか。

いいご縁をありがとうございました。



NO.25 N市 B様

AB

今月の1月21日(木)に、グランドオープンするイタリア料理店「Bel Cielo」ベルチエロさん(中区東桜2-22-18)にて宮崎椅子の「hataチェア」を先日納めさせて頂きました。ウォールナットのオイルレザー仕上げです。
「是非この椅子で、自分の料理を食べてもらいたいし、料理を待つ時間も楽しんでもらいたい。」とオーナーさんは言う。確かに落ち着かない椅子だと、待つ時間が長く感じてしまう時ってありますよね。
「どこから見ても立姿が申し分ないし、料理の腕も奮い立つね。」と嬉しそうに話していただきました。
一年以上前から、どれも丁寧にモノ選びをしてきただけにお店にかける情熱と意気込みが伝わりました。

お店の雰囲気も優しい色使いに統一され、ウォールナットの「hata」の椅子がいっそう際立ちます。細やかな気遣いを見せる店作りには、オーナーさんの人柄が表れています。

贅沢な椅子で贅沢な時間を、自分へのご褒美として過ごすのもステキですね。予約制になりますが、是非大切な人と足を運んでみて下さいね。



NO.24 N市 T様

トミカジ様2トミカジ様

もともとの長さは4000mm以上と迫力度満点の杉の一枚板でした。

T様宅はよく人が集まるとのことで「多い時は20人くらいで食事をするからなるべく大き目がいいけど、この4ⅿは普段使いでは、さすがにちょっと大きすぎるなぁ。。。」と。

とても形と杢目も気にって頂いてたので、思い切ってのご提案で一言。

「切りましょうか!」

1200㎜ほど切った小さい方の板はリビングテーブルとして使って頂き、人が集まった時は高くして、二つ並べて使って頂くというご提案。

「切る?!」という発言にT様も一瞬、戸惑いましたが結果大変喜んで頂けました。

この大きな一枚板に集まり食事を囲めば、自然と笑顔が溢れてくるのが目に浮かびます。毎日が宴会気分で楽しめますね。(笑)

これからも大切な人たちとのご縁が、ずっと繋がりますように。

 



NO.23 N市 S様

しらたさん1シラタさん

 

「今度二世帯で家を建てるので、CONNECTさんの家具が気になり来ました」とご家族でご来店頂きました。

弊社の2階に展示してあるソファ&オアシスを、見てすぐ気に入って頂き「これは機能的で寛げる!」と全員の意見が一致。「なるべく同じ時間を過ごしたいから、皆が気に入ったもので寛ぎたい。」とS様。日ごろの仲の良さがこちらにも十分に伝わってきました。

もう一つのコダマソファ(背中向きの写真)デザインと掛心地も満足していただき、一週間後の2度目のご来店時には決めて下さいました。

写真には載ってないですが、オリジナルテーブルやイスもご一緒にご購入して頂いているんですよ。S様宅は、人の出入りも多いのでゆったりとしたスペースのリビング。家具も悠々とした顔つきになりました。(笑)

これからもステキな時間をお過ごし下さい。

ありがとうございました。



NO.22 Y市 O様

-7写真 2-1写真 1

岐阜県からHPを見てご来店頂いたO様。

「ヌメ革がどうしても欲しくて、今日は楽しみにきました」と。何度も座り心地を試されながら触って確かめて、、、「ヌメ革と初めて出会ったときの肌触り、しっとりと滑らかな質感に虜になって、ヌメ革のソファが似合うリビングにしたかった」と。

大きなお庭に開放感あるリビング。自然光がやさしく注ぎこみながら、ゆっくりと風が流れ込む。まったりと時間が過ぎてく中、このヌメのキメ細やかな肌触りや色合いが、とてもお部屋に馴染んでますね。見てるこちらも温かい気持ちに包まれていく様です。

「子供もまだ小さいので多少ソファも傷ついて汚れはしてくると思うけど、その変わりゆく経年変化を、子供の成長と共に一緒に楽しんでいきたいです。」とO様。なるべく自然に触れた環境で育てたいというご希望もあり建てた家。のびのびとした、優しい子に育つでしょうね。

備え付けのボードもシンプルで素敵ですし、お部屋全体がすごく上品にまとまってます。お届けさせてもらったソファたちもシアワセですね。

O様、遠方からありがとうございました。また遊びに来て下さいね!



NO.21 T市 Y様邸

横沢 - コピー - コピー横沢2 - コピー

こちらは、インテリアコーディネイトのお仕事をされてるY様のお宅。

さすがに家具を見る目はなかなかシビアでした。いつもは何度も吟味しながら、慎重に物事を決められるY様。「これは一目ぼれだわー!めちゃめちゃカッコいいし、ちょっと癖のある木目の雰囲気がゾクゾクしますねー」と。ピンと心に響いたらしい。

もともと他の家具屋さんでウォールナットの一枚板を取り置きをされていたそう。

「今抑えてる天板はよくある形なんです。ただ部屋のトーンに合わせていい感じかなと思ったけど、ちょっとメリハリがつかないなと気にはなってた。」とのこと。

弊社のHPを見つけて下さり、ご来店して下さったY様、とてもお店を気に入って下さり満面の笑みで帰られました。接客時にチラッとお部屋の写真を見させて頂いたら、あまりにも素敵でしたのでHPの掲載を依頼させて頂きました。ありえない発想の壁紙の使い方や墨の入った床、小物や雑貨までの隅々が面白い。上から見たダイニングは、まるで雑誌から飛び出てきた感ですね。

詳しくはまたCONNECTブログでご紹介させて頂きます。



№ 20 N市 I様

19

今までは、国内製でお二人にピンとくる家具がなかなか見つからなく、お家にあるほとんどが輸入家具でした。ご縁あってご来店下さり、店内をじっくりと見て頂きました。「前からコネクトさんが気になっていたんです」と声を掛けて頂き「今までの住まいとどう組み合わせていいかわからないので、一度家を見てイメージに合うものを提案して欲しい」と。

大きな家具や小物たちの一つ一つが、お二人によって大切に選らばれ、時間と空間を大切に過ごしてきた空気がよく伝わりました。

前には大きなお庭と、お隣には息子さん夫婦が住んでみえ、よくお孫さんたちを連れ行き来されるとのこと。

「自然を感じながら過ごせる空気と、息子たちにも譲り渡せる家具がいい」と思い切って決めて下さいました。晩酌も大好きなお二人なので、長く座っても脚が疲れないようにと、テーブルと椅子の高さも低めに作りました。「想像以上に部屋にしっくりと馴染んで、何だか裕福な家に見えるようになったわね!」と笑いながら話してくれたご夫婦から、最高の笑顔を頂きました。



No.19 N市 H様 

平野様平野様②

カーブの曲がり具合が絶妙にカッコいい。ちぎりが入ってる大きな割れが、自然の醍醐味を感じさせてくれる見ごたえあるタモの一枚板です。
お椅子は徳島県のメーカー、富士ファニチア。積層合板の曲げ木の技術と仕上げは、すばらしい腕があります。「同じ張り地じゃつまらないから、ちょっと遊んでみようかしら」と奥様。選ばれた柄も、見事にお部屋のイメージにピタリと合いました。

H様は以前もタモの一枚板を使ってたそうです。ちょっと雰囲気を変えてと、一時モダンなデンマーク製の艶感ある黒いテーブルに変えたそうですが、やっぱり2人の好きなタモの無垢板がいいという結論に。そして数年探し始め、この一枚板との出会いました。

「諦めずに、続けて本当に良かったです。タモのこの反ったカーブもすごく気に入りました。友達にも見せてあげたいですよ!」とH様。
ため息が出るほどステキなお部屋に、2000㎜を超える板がゆったりと収まりました。確かにこんなテーブルがあったら、呼ばれなくても遊びに行きたくなりますね。(笑)
H様、ご縁頂きましてありがとうございました。
末永く、可愛がってやって下さいね。



No.18  N市 Y様邸

山岸様山岸様①

こちらはテーブルは、元々4M以上あった大きな杉の一枚板なんです。またブログでもご紹介しますが、一枚の板からダイニングテーブル・ミニテーブル・TVボード・積み木と、お客様のご提案で余すことなく使いきり、4つのオーダー商品が生まれた事例です。最初は私も「うちは何でも作れますので、何でも言って下さい」と。Y様も「テーブル以外に何が出来るだろうか・・・」考えてまもなく、「これでTVボードは出来ますか?」と一言。弊社の別注のTVボードをヒントに閃いたようです。アイディア続きにY様の勢いも止まらず、とんとん拍子に話は進みました。完全なる一点ものですので失敗は許されませんし、代えもききません。私も納品まで緊張の連続でした。図面をおこし、お客様や工場とも細かく打ち合わせ・検証していきました。ただテーブルも特殊な形で、TVボードも異例の別注のカタチ。収めながら調整したりとY様にはお時間とらせてしまいましたが、「オーダーですからハプニングは付きものですよね。」と、笑顔で答えて下さいました。

これからの未来の為に、ずっと先の夢を見ての今回のご購入。「これに決めて本当に良かったです。あんな大きな板が自分のアイディアで形になってくって、何かドキドキするけど、嬉しいですね。一生大切にします!」とY様。

納品の際に、子供さんがニコニコ顔でテーブルに近寄り、めちゃくちゃ嬉しそうにはしゃいでいた姿が印象的でした。「お父さん、お母さん、すごいね!ありがとう!」って、私にはそう聞こえました。

Y様、色々とありがとうございました。末永くお幸せに。。。



NO.017 N市 Ⅰ様邸

入谷様A入谷様B

こちらの栃の変形木の一枚板。

栃ならではの縮み杢や赤みが見事に出ましたね。油絵で書いたかのような芸術的な作品となりました。

I様は建築会社の社長様。一枚板は嫌ほど見てきてますが、どれもきれいなモノばかりで同じに見える。HPをご覧になり奥様とご来店されましたが、見たことない変形したカタチと栃独特の風合いに、一瞬にして心奪われました。奥様も枝が伸びていたのであろう、所々に空いた穴にも「個性的でカッコイイ」と魅了されました。ましてやずっと寄り添っていく家族ですもんね。大切に使っていきたいし、キズがついても色が少しずつ変色しても、ずっとカッコよくいてほしい。

ただ「家に置いた時に合うかどうかのイメージがどうだろう・・・」とⅠ様の不安も少しあったので、「一度置いてみましょう!」とご自宅へ仮搬入することに。。。なんともあまりにもご立派なお家に緊張感も一気に走った瞬間でしたが(笑)、テーブルも負けじとステキな感じで、迎い入れを決意されました。

お椅子も、お客様に気持ちよく寛いでもらいたいと、掛け心地重視で慎重に選ばれていたのが印象的です。ステキなご夫婦宅へ嫁げて、シアワセなテーブル達です。

末永く宜しくお願い致します。



No.016 N市 M様邸

穴あき天板②穴あきテーブル①

すごい迫力の変形木。

「凄すぎて、一般のご家庭用では絶対に売れないだろうなぁ~」と思い展示した一枚のテーブル。

ただ、展示して2週間・・・。ある日曜日にご夫婦でご来店されたM様。この天板に一瞬で惚れこんだのはご主人様でした。ただ見たことないような一枚板に、戸惑う気持ちも隠しきれず・・。冷静さを取り戻そうと店内をウロウロ。。。

「やっぱり欲しい!」そんな想いが、言葉にせずとも背中から伝わってきてましたね。

後々きくと、「建売で普通の家を買ったから、家具では誰もが驚くインパクトが欲しかった」と。確かにすごいですもんね、この穴あき具合と節の感じが。テーブルの大きさは約1900×1200の大きさですが、半分は穴が空いてますからね(笑)。奥様もかなり気に入って下さってはいましたが、こっそり耳元で「奥さん、本当にこのテーブルでいいですか?」と確認しちゃいました。すると奥様、「買うのにはちょっと覚悟がいるけど、主人が気に入っているからいいですよ。」とニッコリ。いやいや、何ともバランスの取れたご夫婦です。テーブルに負けないくらい、インパクトあるセリフを頂きました。

追加でパキラの観葉植物もご購入して頂き、子供さんも大喜び。大切な一日の始まりと終わりを、このテーブルで過ごされると思うと私達も心が温まります。

M様、色々とありがとうございました。



No.015 N市 O様邸

大杉邸C大杉邸B

きっかけは、知り合いのご紹介からスタートさせて頂いた今回のO様邸の造作家具。

もともと他の住宅メーカーで見積りをとったら、お値段がとても高く、予算内でやってくれる所をと弊社にご来店頂きました。O様も最初はこれといったイメージも固まってなかったので、私達も慎重にご主人の言葉に耳を傾けながら、図面も何度も書き直しました。打ち合わせ回数も約20回ほどでしょうか。。。

ご主人の譲れない所は、「アイカのウェッジプレス(うねうねした二枚目にUPした写真です)を使うこと、スピーカーも乗せれてパソコン用の机も一緒にしたい。上からのライトアップで、3Dっぽく立体感を出したい。」何よりも、「普通にないものに仕上げて欲しい!」

とにかく「こうしたい!」という想いを、一つずつカタチにしていきました。

「みんなが集まるリビングは、少しでも長く家族と過ごせる空間にしたい」と、家を建てる前からのご主人の構想です。とにかくすごい迫力でしたよ。

家族を想う “力” ってすごいですね。そう改めて感じました。O様、このステキな空間で、大切な人たちとずっとシアワセにお過ごし下さいね。

この度は、ありがとうございました。私達も勉強になりました。またお店に遊びに来て下さいね。

 



No.014 N市 O様邸

HP用①HP用②

以前からCONNECTとお付き合いのある、一級建築士のO様。ご新築をきっかけにテーブルとチェアを選びに来て下さいました。写真ではちょっと分かりづらいかもしれませんが、鉄筋コンクリートの空間が昔からお好きで、このイメージに合う家具をお探しでした。「家族の顔がいつでも見れるように、いつでもまーるい笑顔でいられるように」と、円テーブルをお選び頂きました。

またテーブルの脚がポイントで、O様が「ちょっと僕のイメージでデザインしたいんだけど、いい?」とおっしゃられ、岐阜の鉄メーカーに作ってもらったんですよ。

O様、CONNECTでも販売してよろしいでしょうか?(笑)それぐらいステキですね。

ご家族は娘さん2人の4人家族。自分達に合うモノをと、お椅子はそれぞれに選びました。バラバラにすることに抵抗のある方も多いですが、食事以外でも、1人1人が寛げる場所にしたいとO様。何をするにしても、椅子の役割ってとても大事だからと。

シンプルでシャープなデザインのテーブルの上には、ほおずき型の照明を選ばれました。こちらは埼玉県の桑ちりという和紙を使った照明作家さんの手作りです。

ちょうどポワッとした柔らかいカタチが、コンクリートの壁と調和され、いい空気感が漂ってますね。見てて心が温まります。

今回は楽しんで夢描いて、そしてご家族を想いながら家具を選んで頂きました。O様、色々とありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。



No.013 T市 H様邸

2番一番

ネットで探し、CONNECTのHPを見つけられ、ご来下さったH様。お部屋のイメージは妥協したくないと、あちこち足を運ばれました。白基調に薄茶の組み合わせのイメージ、壁は漆喰で床材も無垢材とし、お部屋の温かみも崩さず、かつ斬新さも色づけたい。。。

「家具全部を主役にすると、ケンカしちゃうし飽きもくるから。」とH様。

色々と家具屋やショップを回りながら、皆が集まるダイニングをメインと考えが定まりました。ただお椅子は思い切ってYチェアで決まったものの、これに合うテーブルに出会えずお悩みだったとのこと。そんな中、CONNECTにあった「カーリーメープル」との出会いがありました。カーリーメープルの解き放った独特の文様がH様の心を揺るがし、更なる価格にも一目ぼれ!電気が走ったぐらいの出会いだったんでしょう。瞬時にご購入を決めて下さいました。Yチェアの座面を黒にした事により、お部屋がグッと引き締まりましたね。

最後まで本当に一つ一つ丁寧に、大切に育ててきたH様の想いが伝わる家作りでした。お2人の人柄の良さも反映されたカタチとなりましたね。実際使われてるH様から、

「使えば使うほど日増しにステキ感が増して、この先不安になるぐらい!」と、ちょっと誉めすぎのお言葉を頂きました。(笑)そんな風に言ってくださり、私たちもシアワセです。

色々とご協力ありがとうございました。また、ブログでも、ナイアガラのカーテンも含めご紹介させて頂きますね!今後とも宜しくお願い致します。



No.012 N市 Y様邸

305-231305-231-2

お2人でCONNECT店にご来店頂いたY様。この屋久杉に衝撃が走ったと言われました。展示してあった当初この屋久杉の天板は塗装もかけておらず、朽ちた部分も多っかったんです。砂も付いた状態で、ほんと生木そのモノでした。そんな屋久杉のテーブルに魅了されたのは、今は世界遺産となっている屋久島に、ご夫婦で旅行に行かれたのが大きなきっかけです。語らずとも、大切な想い出が生まれた場所なんですね。

「使っていって割れてきたり、角が欠けてしまっても、それが自然の姿ですからね」とY様。なんと大らかな方なんでしょうと、私も気持ちが熱くなりました。

仕上がりの状態は納品時にY様と一緒に見ましたが、「うぁー!かっこいー!!」。奥様はその時おご不在でしたが、ご帰宅されて大興奮だったとのこと。私もホッとしたと同時に、あまりの感動に涙が出ました。

本当にありがとうございました。CONNECTにとってもいい思い出の1ページができました。



No.011 K市 N様邸

WN①人

奥様と色々家具屋を回り、一枚板のモンキーポットがいいとほぼ決めていましたが、ちょっとしたご縁あってご両親のご紹介で来て下さいました。

店内をじっくりとご覧になり、耳(外側の淵部分)が白く特徴的なウォールナットに笑みがこぼれました。

「一枚板じゃないけれど、すごくカタチや色合いもいい・・・。このテーブル押さえてください!!」と一言。

確かに心に響くモノって、そんなに簡単に出てこないですもんね。後日改めご両親と一緒にご来店され、ソファも追加でご購入して頂きました。

「床材をオーク材にしたので、その温かいリビングの雰囲気を壊したくないんです。」とN様。

テーブル脚をブラック色、チェアもスマートなデザインの同色にすることにより、天板と床との色合いの調和もとれました。高級感も損なわず、なかなかのセンスです。

納品時の、ご主人の笑顔が最高でしたね。嬉しそうにテーブルを何度も何度も触りながら、木の感触を楽しんでいました。心配していたサイズもピッタリに収まり、嬉しさも倍に膨らみましたね。

ちょっとお住まいが遠方になりましたが、近くにお越しの際には、またお店にも遊びに来て下さいね。

 



No.010 M市 O様邸

楡HP①楠HP

CONNECTのご近所にお住まいO様。

ご新築でテーブルが欲しいと、ご主人と下見にご来店下さりました。

実は最初に欲しかったテーブルは長方形の栃のテーブルだったんです。2週間ほど検討した後にご来店頂きましたが、すでに売約済みで・・・

とても悔しそうな、本当に悲しそうなO様でしたが、何と!少し前に入荷したこの楠の変形木・一枚板との出会い。「このカタチが最高やね!こういった時じゃないと思い切って買えないし、これだったら一生モンや」と嬉しそうに言葉を弾ませて下さったO様。「こんな板、なかなか出てこないよねー!!」 

確かに。

ちょっと歪で激しい木目は、面白い。これをリビングに置いたイメージを想像して購入できるセンスはすごいですね。実際、リビングに置いた感じもすごーくステキでしたし、何よりもO様の笑顔がホント嬉しかったです。新たな出会いにいつも感動を覚えます。

このテーブルの前についついと座って、ずーっと話し込んでいるO様夫妻。。。

そんなシアワセそうなお姿が、目に浮かびます。

O様、とびっきりの笑顔を下さり、本当にありがとうございました。ずっとお幸せに。

 

 

 

 

 



№009 T市 T様邸

トチの板栃の一枚板

家を建てる1年前に、コネクトにご来店下さった建築士のT様。家はご主人様がご自分で建てるけども、テーブルは作れないから見に来ましたとのこと。店内をじっくりと見ていかれましたが、穴あきのテーブルはとても驚いていました。「こんなの見たことない!」そう言いながら、パンフレットを嬉しそうに持って帰られたのが印象的でした。

その半年後、お2人でお見えになり、「やっぱりこの栃の穴空きのテーブルがどうしも欲しいです。」と・・・。話を聞くと、半年の間ずっと冷蔵庫にパンフレットを貼り毎日眺めていたとのこと。「家が建ったらこのテーブルを迎え入れよう」と。ただ、長さ2m以上ある栃の板だったので大きさで、奥さんともめていましたが・・・。結果、もう少し大きくても大丈夫でしたね。脚は杉山製作所の国産の鉄脚。一枚板とのバランスがとてもいい。イスもすごく悩みましたが、宮崎椅子のスパイクチェアと最高の組み合わせです。

一つ一つ丁寧に選ばれ続けたT様。コネクトにご縁頂き、本当にありがとうございました。これからも末永く宜しくお願い致します。

 

 

 

 



No.008 M市 T様邸   

HP 鶴見様①HP 鶴見様②

「変形木」  人が一人一人違うように、木の一枚一枚を個性だと考えます。大きな節や穴があいてたり、曲がりくねってるものもあれば割れてるものもある。自然の中でのびのびと成長した木には、見てるだけでも心が躍らされます。こんなテーブルが、家族の一人となったらどんなにステキだろう・・・。きっと次の日からの生活が、少し変わるんじゃないでしょうか。新築でテーブルを考えていたT様。遅がけにお店にみえ、このアカシアの変形木との出会い。。。一瞬、立ち止まったご主人。急ぎ足で駆け寄り、何度も何度もテーブルを撫でていました。

「すごいなぁ~、見てるだけでも元気をもらうなぁ」と、嬉しそうに。

奥様は、隣にあった穴のあいていない板の方が気に入っており、その晩はどっちにするか家族会議。きっと熱く語っていたんでしょうね。穴の空いた所には、スタンドライトを差し込む予定だそうです。

ずっと、一枚板に憧れ探し続けてきて、どれもいいけど心に響く板に出会えなかったと。これもご縁なんですね。

毎晩、遅くまで仕事を頑張るお父さん。普段は家事と育児でバタバタと忙しくしてるお母さん。子供の寝静まった後に、このテーブルを眺めながらご夫婦で晩酌したいとのこと。スタンドライトもそっとつけて。

聞いてる私もシアワセ頂きました。T様とのご縁に、この一枚板も喜んでいるんじゃないでしょうか。

これからも、末永く可愛がってやって下さいね。

 

 

 

 



No.007 N市 M様邸

HPアカイ1赤井2

もともとみずのかぐの時代から、当店をよく知って頂いているお得意様。

CONECTのお店になってから特に気に入って頂き、今回の新築を機に家具一式を揃えて頂きました。

その際にご相談を受けたのは、M様は相変わらず仕事忙しく、子供は年々と大きくなる。せっかく新しい家に引っ越しても、このままだと会話も減り、家族が少しずつ離れていくんじゃないかと・・・。そんな想いがM様の心のどこかに見え隠れしてました。

「短い時間でも、家族がいつも傍にいて、顔がいつも見れるリビングにしたい。」

そこで、弊社にご来店頂いた際に、CONNECTのオリジナル・ソファ&テーブル 「VITA」 出会いました。まさに一目ぼれでした。

私たちも、「ご家族がリビングの真ん中に集まれる空間」作りとして、何度も何度も検討したカタチでしたので、とても嬉しく思いました。

「家族をより近くに感じ、その日の出来事を何気に話せる。そんな場所には、必ず笑顔が舞い込みます。一番落ち着ける場所って、やっぱり家族が集まる場所なんですよね。」そう語るM様。

想いは届きましたでしょうか?

予定していたレイアウトを少し変更しましたが、とても喜んで頂きました。心機一転で、新しいスタートの始まりですね。これからも家族との時間を大切にお過ごし下さいね。



№006 O市 Ⅰ様宅邸 

キタオカ1キタオカ2

ご新築でご来店下さり、コネクトのテーブルに対する「家族をつなぐ」という想いに共感して、ご購入を決めて下さいました。

この変形楕円の形に拘ったのはなるべく広くお部屋をとりたいのと、何より  

「家族をより近くに感じたい」

 という想いからこの形になりました。

また濃い目のウォールナット材でも、楕円の程よいカーブ加減と人口耳で面を波立たせたことで、お部屋全体を易く演出し高級感も出してくれます。すごくステキな雰囲気になりました。

また毎晩、晩酌をされるご主人は、「長時間ダラッと寛げて疲れない椅子」にも拘りました。これでお酒の量も増えちゃうかもしれませんね。

人が集まるコトの大好きなⅠ様は、突然の来客にも困らない、座卓にも出来る兼用脚も気に入って頂いてます。椅子は意外と場所を取りますから、必要最低限にされたいと。

今回はすべての想いがカタチとなったテーブル。見てるだけでもずっと先のシアワセの笑顔が伝わってきますね。

 



No.005 N市 K様邸

小林様1小林様2

新居に移り住んでから、テーブルを探していました。デザイン性の高いインテリアが好きなので、テーブルもこだわりたく、いろいろ見て回っていた、そんなあるとき、星ヶ丘にある「デザインの間」に寄り、そこではじめてコネクトさんのことを知りました。

一度お邪魔して、お店をみて、テーブルが多く並んでいる印象のなかで、耳付きのウォールナット材にどこか惹かれました。

その後もまたいくつかお店を回ったのですが、あのウォールナット材が気になったので、再び来店し、ご相談しました。そこで詳しくお話しを聞けば聞くほど、自分のテーブルに対するこだわりをカタチにできることがわかり、自分のテーブルに対するこだわりが、より深くなり、ブラックチェリー材とも最終悩みました。

しかし、最後に選んだのは、はじめから惹かれた耳付きウォールナット材でした。

我が家に来たとき、自分の選び抜いたこだわりと、いいなと思った直感が合っていたと強く感じました。ほんとにお店を出る時まで、悩んだ椅子の張地もこれでよかったです。

ついつい妻に、「おいしい料理をお願いします!」と言ってしまうほど、これからこのテーブルで過ごせる時間が楽しみです。

 



No.004 N市 T様邸

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

私達夫婦は昨年6月に念願の自宅を新築して、結婚以来使っていたテーブルを新居に合った、もう少し大きなものに替えたいと思っていました。そんなとき妻と立ち寄ったCONECTさんで黒田さんと出会い、お付き合いが始まりました。

一枚板の天板が希望で何度かお店にお邪魔して、お話しを聞き、いろいろ探していましたが、最後に穴の空いている個性的な栗の木の天板に決めました。きれいな自然の木目の色合いと同じ物が二つと無い年輪と自然に出来た空洞のオリジナリティが気に入っています。

 

今は家に帰るのが楽しみです。

 

これからこの大きな栗の食卓が我が家の中心となり、家族や友人達が囲み、我が家の歴史を見守ってくれるでしょう。端材でつくったリビングテーブルも気に入っています。黒田さん、ありがとうございました。



No.003 N市 K様邸

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

新居に住みはじめてから、テーブルにはこだわりたいと思っていました。いつか我が家にくる家族のテーブルのために、「テーブル預金」をして。

そんな時主人がたまたま聞いていたラジオがコネクトさんとの出会いでした。

スタッフの方とお話しているうちに、家族とこんな風に過ごしたいとか、こんなテーブルがいいな~などの自分の理想を、テーブルのカタチとして提案していただくことで、わかりやすかったです。

そして決めてになったのはこの椅子との出会いでした。この椅子を見たとき、美しさに惹かれ、座った時に感触がよく、すぐに気に入ってしまいました。予算よりは高い椅子でしたが、4脚の購入を決めました。納品されたテーブルと椅子を見たとき、4脚揃えて、良かったなと。自分たちの好きな我が家に、お気に入りの場所が増えましたね。今後は長く使うからこそ、こだわったブラックチェリー材の天板が、どんな風合いになるか楽しみです!

 



No.001 N市 T様邸

test01333

一枚板の魅力に惹かれ、多くの板を見てきました。コネクト に寄ったのも、行きつけのお店の帰えりという偶然でした。 そこで出会ったのが、このS字に曲がった栓の一枚板です。 どうやって食事をしたり、新聞読んだりするのかが、はじめは創造 できませんでしたが、脚を決めたりとだんだんテーブルのカタチに なるにつれ、使い方の実感が湧いてきましたね。

実際に使ってみて、はじめ狭いかなと思ったテーブルの奥行は、 食事には全く問題がなく、私が対面で子供に世話をかける時にも、 距離が近く便利だそうです。 また脚にある収納スペースに子供のおもちゃや読みかけの雑誌なども しまえて、お子さんとの食事がスムーズにできます。 家族がついつい集まってしまう。そんな居心地のいい場所になって ますね。