FRONT

木に触れて生活すること
Living by touching trees.
キトヒトは、このブログで天然木に触れて生活することの素晴らしさや、価値や、大切さや、素敵さを、たくさんの人に伝えていければと思っております。
インテリアの観点から、木のテーブルや一枚板の天板、自然環境に対する世界の様々な事例や取り組み、効能、検証などを、読む人が楽しめる内容で書いていきます。

NEW BLOG

  • 失敗しないタイニーハウス選び 2024
    コンパクトでミニマルな暮らしを実現できる「タイニーハウス」。 木製のタイニーハウスは「キトヒト」の読者のなかにも気になっている方が多いのではないでしょうか。住居以外の場所“セカンドプレイス”、“サードプレイス”として購入を検討する人も増えています。 タイニーハウスについては、以前もこのブログでご紹介しましたが、今回はもう少し深堀りしてみたいなと思います。 以前の記事はコチラ …
  • 森林×脱炭素チャレンジをサザエさん一家が応援!
    サザエさん一家「森林の環(もりのわ)応援団」に!   お茶の間でおなじみのサザエさん一家。 実は林野庁が推進する森林×脱炭素チャレンジの応援団として、2023年の4月から活動しているんです。 …
  • rewoodの幸せの鳥「Living_bird」。 廃材に新しい“いのち”を
    幸せの象徴 “鳥”をモチーフにした「Living_bird」 さて、画像のこちら、何だかわかりますか? 実はこれ、座敷机の脚なんです。   座敷机は、昔ながらの和風住宅の客間や居間に置かれて畳の上で使うための机のこと。どっしりした脚で「座卓」ともよばれています。 …
  • お正月の玄関を彩る門松。竹と松をあしらう理由とは
    新しい年がもうすぐそこまで来ています。 早いものですね。新年を迎える準備は進んでいますでしょうか。 今日は、お正月の玄関を彩る門松についてご紹介してみようと思います。 門松は、松飾り、飾り松、立て松などとも呼ばれ、鏡餅やしめ縄とおなじく、年神様を家に迎え入れるための飾り。年神様が降りてくる時の目印として飾るものです。 …
  • 日本最古の椅子と椅子の歴史
    インテリアの中でもひときわ注目されるのが椅子。時代のなかでたくさんの名作が生み出されてきました。 そんな椅子についての歴史を、「歴史の流れがひと目でわかる 年表&系譜付き 新版 名作椅子の由来図典」に基づいてちょっとさかのぼってみましょう。 日本で一番古い椅子は弥生時代前期 …
  • クリスマスツリーはなぜモミの木なのか
    わくわくするクリスマス。もうすぐやってきますね。 お父さんお母さんサンタさんは、子どもの願を叶えるべくがんばっていらっしゃるころかなと思います。   さて、クリスマスといえばクリスマスツリー。モミの木ですよね。なぜクリスマスにモミの木を飾るようになったのか。 ちょっと気になったので調べてみました。   永遠の命と力強さの象徴   …

ABOUT

CONTACT